人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬

食欲の秋、食べたい秋

まだ9月なのに、例年より涼しい。
涼しいといえば、寒い2月から、ここを書いていない自分にびっくり。というか、パソコンをほとんど開いていなかった。
こりゃ大変だ。せっかくマックブック買ったのに、使わないなんてもったいない。
職場でパソコンをいじり倒してた反動か。(更新しないのを環境のせいにしようとするヒドイ私)

まぁ、ドラクエ11に夢中だったてのもある。
勇者の魚姿は可愛かったなぁ。つい写メに撮ってしまったよ…。ブツブツ…。(以上独語)

潰瘍性大腸炎と食事

環境といえば、潰瘍性大腸炎の再燃が一年続いている。下血が止まらん。
こんな状態でヘモグロビン値が12g/dl(資料によっても違うが、下限値は平均して11〜12g/dl)も未だにあることは、我ながらすごいと評価している。
何でだ?プルーンのおかげ?玄米のおかげ?それとも食事全体の効果か?
食物アレルギーもあるし厳選した食材を選んでるしなぁ、ちょっとくらいイイことないとねー。
…ねえ!!!(突然叫ぶ)

言い方を変えれば、厳選食材しか身体が受け付けない状態が、夏の少し前から続いている。
消化にお肉はキツイようだ。まぁ、もともと魚派なので不自由しないのだが、どーしても食べる時は、ちょっとお値段が張るけれど地鶏のようなお肉を選び、しかも脂肪分が少ない鶏肉や豚肉にする。
私のお腹にとって腸に消化のいい順番は、豚肉>鶏肉>牛肉のようだ。

一人暮らしじゃないので、しかも相手が肉派なので、ストレスが溜まっていることは容易に推測できる。言わないけれど。
だから、ちょっと高級なお肉を買うことは、理由こそ違えお互いのためなのだ(笑)

もともと一日2食、しかも現在は人並みの半分が一回量なので、エンゲル係数は意外と高くないだろう。計算してないものの、平時と同じくらいの食費かもしんない。

夏は例年痩せるけど、今日体重を測ったらここ二ヶ月で4キロの減量に到達しそうだ(私にライ○ップはいらない)。さすがにちょっと、いい加減止まれよと思う昨今。
消化不良で下痢もすりゃ、そりゃ痩せるだろーけどねぇ。

西洋医学という枠内

ただこのような状況でも、自分は「難病=治らない」とは考えていない。
どっかにも書いたけど、大人の食物アレルギーでも何の疾患でもそうだが、西洋医学で一生治らないなんて言われたからって、それを信じて生きていくなんてあり得ん。
自分でなく他人の言葉で、人生の負けを認めてしまうようなもんだ。

西洋医学とともにある現在だから、そこで「治らない」といわれたら、普通幻滅するんだろう。
今回は再燃が長くて、自暴自棄にもなったし何もかも嫌になったのも事実だった。
いつか後述するが現在は潰瘍性大腸炎、小麦だけではないアレルギーで食事制限が多い。それでも食べなきゃ生きられないのでゴハンを胃に入れるが、腸が動くから下痢するし、易出血性の腸だから必然的に下血もする。体が食べることを受け付けない。
これってつまり、死ねってことなのか?と本気で考えた。
病状が芳しくない田舎の身内より、私が今日逝っちゃうかも…どうしよう?と焦った日もあった。

でも、落ちるとこまで落ちたら浮かんでくるって、過去の自分は学生時代に学んでいた(笑)
ああ、かなり精神的に落ちていたのだと現況を理解したと同時に、これを書いたことで底部は超えられたと悟ることができた。
うん。久々に、ここに書きにきてよかった(=´▽`=)

西洋医学のお医者から「不治」と言われても、それは「西洋医学という学問」内での評価だから、過度に落ち込む必要はない。
その向き合い方は自分自身で決めればいい。

西洋医学の元で30年近くいて、矛盾も限界もいっぱいみてきた、私の仕事上の一つの結論でもある。

2 件のコメント

  • 最高の自然免疫療法
    何処まで効くか分かりませんが、試してみる価値のあるサプリです。
    最近の研究では、現代人は、赤ちゃんから大人まで、殆どビタミンD欠乏症であることが分かりました。特に母乳だけの場合は欠乏になりやすいとの事です。VDの欠乏が単に成長の問題だけではなく、あらゆる病気に関係していることが分かったのです。特に悪性腫瘍(癌)や脳神経疾患、自閉症やアルツハイマー病等殆どの病気に関係していることが分かったのです。飲んでいない・飲ませていない人は、出来たらタウリンと併用して飲み・飲ませましょう。適正平均投与量は、タウリン180㎎x3/日とビタミンD400単位x3/日です。これは大人も赤ん坊も同じです。VDは脳細胞を保護し、更に再生・新生を助ける事も分かりました。最近の研究では、花粉症の人はヒューマンパピローマウイルスの感染があることが分かりました、VD+タウリンはアスベストとこれらを強力に排泄してくれます。http://blog.goo.ne.j/nobuokohama
    赤ちゃん用ミルクは、タウリン、ビタミンD、EPA/DHAが十分入ったものを買いましょう。  
    タウリンとVDは無色無臭です。過敏症の人は体内にアスベストが蓄積している可能性があります。
    殆どの卵の黄身には、アスベストが大量に含まれます。ご用心。ご参考まで。DRNO

    • 具体的な記載ありがとうございます。参考にいたします。
      最近の研究で、ビタミンは対症療法だけではなく身体にとりもっと大きな役割があることが解明されてきました。
      タウリンの効果も同様、今までには発見できなかったことが解明されつつあります。

      その他の分野でも、例えば倫理的な殻を破って解明、それを利用するのは釈然としませんが、健康のために研究が進むのは大歓迎です。
      情報を受ける側もよく調べた上で、自己責任で身体をメンテナンスする時代だと、つくづく感じています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。