潰瘍性大腸炎の再燃期様が君臨!

東京タワー

今回は本当ーーにただのグチです。主旨とはズレてるし、持病の内容なので、まったくアレルギーのこと書いてません(笑)

*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*

4.5年前くらい前から潰瘍性大腸炎と正式に診断されています。と言うのは、その前からも血便や腹痛がありましたが、専門家が見ても「疑わしいが今回は違うだろう」のような診断で、数年過ごしたからです。

その一回目の疑わしかった頃、痔だと思っていたので肛門科に行きました。ジギタール(肛門ぐりぐり)をしながら、ドクターの表情が固くなりました。患者に解るくらいの変化だったので、意味不明な展開に「どんな覚悟すればええ場面なんココ?」「なになになに?そのリアクションちょっとなに??」と受け皿を探しはじめる自分がいました。
「早急に大腸検査をしましょう。出来るなら明日。なるべく早くがいいです。明日、来れますか?」
そんな感じで言われたら、もう、「どうにか休み取らないといけない」選択しかないではないか。
直後、職場に電話をかけ事情を話し、お休みが取れた旨を肛門科の病院に伝えました。早速、ナースから前処置の下剤を渡されました。
ぅう大腸カメラですか・・・・・・。

遠い昔の学生時代、大腸カメラの見学をしたことがありました。当時は、四角いカメラそのもの(!!!!)が、チューブの先端に付いていて、おまけに検査をしていた医者が粗暴な人間で、痛がる患者に「うるさい!だまれ!これくらい我慢しろ!」と言うという、それはそれは見苦しく不快なものでした。
その記憶(もはやトラウマ)があってから「大腸カメラなんて、一生受けない」と誓っていたんです。でも、拒否権を発動させる勇気はありませんでした。

検査結果は「潰瘍性大腸炎です」でした。しかし肛門科のドクターの私へ説明する、目を反らし加減の怪しい動き(笑)が納得できませんでした。今思い返すに、診断は出したものの消化器内科は専門外なので、今後フォローする自信がなかったのかもしれません。
当時はその態度が不信にうつり、「ちゃんとした専門家に診てもらおう」と「潰瘍性大腸炎」を謳っている病院に行きました。再度大腸検査をしたけれど、結果は「これだけでは、確診ができない」との診断でした。

で、先に小麦アレルギーが発症し、次いで数年後にこの疾患が確定しました。忘れもしない、ドラクエ10の出た年です。失意のどん底での、初オンラインゲームです(笑) 恐ろしく眩暈が酷かったから受診した病院から数歩歩くともう動けなくなり、迎えに来てもらったこともありました。

診断されて何年か経ちましたが、こんなしんどかった再燃期(活動期)はそれ以来です。匹敵するか、、いやそれ以上かなぁ。
私の再燃期は、夏の真っ盛りに起きます。誕生日があるのに、気遣いもへったくれもありません。
いつもの再燃期は、梅雨に例えたら「傘をさしたまま、止むまで立ちつくして過ごす」ような経過ですが、今年は「傘がどこにあるのか分からないし雨宿り場所も見つからない、土砂降りのまま立ち尽くす」状態でした。
いつもだったら再燃期なりに、いい時期とよくない時期を交互に繰り返し、秋になるにつれ治まってくる経過を辿りますが、今年は「よくない、さらに落ちた、よくなった?いや気のせいだった」状態で先が見えませんでした。
もうすぐ秋ですが、少しずつ良くはなってきたような気がしますが、今年は以上のように裏切られてきたので安心しきれません。
仕事に復帰できたことぐらいが、見える「上向き」だと自分でも評価できます。

リアルに言うと、私は直腸型なので出血色は鮮やかです。ぶっちゃけ月経血より赤いです(女性の方へ。笑) コアグラ(血の塊)ではなく血そのものです。トイレに行く度にこれなんで、本人でもビビります。自分にとり便器から手が出てくるよりコワイ日常です。この状態が1か月以上続きました。
「そりゃこんな量が出てたら息切れもするわぁ~~!」と悟った側の自分は開き直っていますが、現実の生活も今後の病気との付き合いもあるので、もう一人の自分は退職も考えました。一年ほど休業し気ままに時間の制約がないところで、色々治療のために奔走してみようかと決断の寸前まで行きました。

7月の始めに大切な大切な幼馴染を亡くした時起きた一度目の再燃は、少しの期間でしたが一度おさまりました。仕事も含め、それ以上のストレスなどないのに、8月から強く再燃し今に至ります。この疾患に限らず、病気のキッカケにはストレスも多分にあると思うけど、決定的なものは何も思い当らない中での再燃、さすが「難病」一筋縄ではいかないと再認識しました。

未来の私のために、書いておきたいメモがある。夏の来年の自分よ、心して聞くように!(…ってアレルギーブログで書くのか;)
・牛乳は飲まない(これ絶対) 温めたところで変わらない。
・刺身は大好きだけど、この時期はやめようね。
・酒は論外。
・コーヒーは匂いだけ、隣でクンクンしようね。
・ヨーグルトは平気そう。
・暑いけどアイスクリームは食べるなよー、冷たいものは常温にしてから飲めよー。
・パン(もちろん米粉)も微妙。ベストな選択は発芽玄米クリーム。
・外食危険。肉も危険。
・ぶっちゃけ仕事のストレスも危険(笑)
・仕事してるとしょーがないけど、休みの日は一日一食でね。ちょっと楽になるぜよ。
・便意があっても、しぶり腹でも、怒責しすぎたら粘膜が充血するから加減するぜよ。

こんなもんか。
・・ってどんなもんやねん。

早く某所の中華食べたいねぇ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。