手作りラー油

世の中では、『辛そうで辛くない少し辛いラー油』とやらが品切れになるほど流行っているそうなのですが、そんなに購入が難しいなら、自分で作っちゃえばイイのに!と思うのですが、「元、料理を作らない派の味方」の私には言われたくないですよね。(笑)

小麦を摂取できなくなってから色々な調味料を手作りしてますが、具入りラー油もその一つ。

我が家では、刻みにんにくとネギと豆板醤のミックスなんですが、前述のラー油では、にんにくとタマネギなんだそう。
はー、なるほど。タマネギ…!
この前タマネギが安くて大量買いしちゃったから、次回は入れてみよ。

 

さて、その「具入りラー油」での調理例です。

もやしとにんじんのピリ辛炒め

もやしとにんじんの中に、ラー油を混ぜるだけ。
もやしとにんじんのピリ辛炒め~。

独り言:「具入りラー油」の「具」が見えないのは何故だろう・・?
あー奥に隠れてるんだねー。意味のない写真になっちまったねー。

他にも・・・。
もちろん(いつもの)担々麺に入れるのはもちろんのこと、冷や奴にのせたら韓国風になるし、納豆に入れてもひと味違うし、余ったご飯と炒めればチャーハンになるし、その用途は広いです。
酸化しないうちに食べ尽くします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。