夜の街と貴婦人

東京ドームイルミネーション

お久しぶりです。くり坊です。

実は2月始めから、うちの愛鳥が入院していました。手遅れであれば間に合わなかったと思います。
生死を彷徨ったので、飼い主も著しくネガティブモードでした。
だから先月はブログに手が付けられませんでした。楽しいブログ!を日々(と言うほど書いてないとのツッコミがきそうだ)信条にやってるのに、ブルー全開では。感情の推移、わかる人には判りますもんね。

おかげで復活し、今では『気が強くて(=内弁慶な。外面はいい。誰に似た!?)ビビり』オカメに、ほぼ戻りました。
まだ「準ICUで安静」の任は解かれていませんが、もうちょっとです^^
(詳しくは「ムムしゃんはオカメさん」に記載していきます)

さて彼も元気になってきたことだし仕事ストレスも結構マックスだし、形は違えど抑えていたものを発散すべく、最近は夜食を摂ることが多くなって来た。そのためか肌の調子がすこぶる悪い。やっぱ、夜は食事する時間ではないねえ。

昨夜も夜食を・・というか、多分にはストレス発散に、夜の街を出歩いた。東京はイカンね。外に出りゃ、ちょっと車運転したらさ、何かがあるんだもんよ、華やかなもんが。
顔でいえば地味な私が、華やかなスーパー『成城石井』に到着したのは、もう深夜2時前だ。
しかもここは24時間開いてるときたもんだ。夜の散歩コースとして重宝している「夜の街」の一つだ。
ただ、こちらの第一印象は「東京にある敷居が高めのスーパー」なので、私のような一般市民が毎日来れる場所ではない。
「異次元の世界」を垣間見れる場所として、仕事が休みの前日などに、石井でストレス発散しているのだと思う。夜は渋滞もないしね。車で深夜で片道30分くらいの距離かな。
それにここには、比較的添加物なしの、食にこだわった品が多い。”添加物が少ない=小麦で薄めていない(←多いよねー!)”ので、「小麦含有しとるやろ」と油断していたものが、いい意味でグルテンフリーだったりする。

成城石井のチーズケーキ

成城石井のチーズケーキ

昨夜買った、このチーズケーキもグルテンフリーだった。この時期限定のケーキだって。
高かったんだけどねー。

原材料:牛乳、卵、苺、生クリーム、砂糖、ナパージュ(水飴、砂糖、洋酒)、マスカルポーネ、クリームチーズ、加糖卵黄、寒天、ゲル化剤(増粘多糖類)、pH調整剤、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料

・・・結構入ってるな、添加物が。でも前8個までは添加物ではないところ、さすが成城石井。

まぁ苺あんまり好きじゃないんだけどね(汗)でも最近は「大人になったので」出されれば食べるようになったレベル。薄切りだし、周りはクリームに覆われているイチゴ貴婦人みたいだし(意味不明)それが美味しそうに見える。
高かったけど(二度目)、食欲の赴くまま買ってみた。890円也~。

お味は、まずマルカルポーネが鼻を通る。そしてとろりとしたプリンが口の中いっぱいになるころ、苺姫がやってくる。
甘さでごまかしている味ではなく、それぞれに独立した「大人の味」がした。名づけるなら「貴婦人ケーキ」(食べたのは平民)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。