羽休めと羽広げ【その3】伊豆のカエル本館編

アンダお茶セット

曇ってはいたが雨は降りそうにない。ホタルは見れるな!とワクワクしながらチェックイン。

建物の中に一歩踏み入れた瞬間、全身がお香に包まれ音楽が奏で始める。
天気が優れない日が多い時期に関わらずお客さんが入っているのは、ここには室外に出ていかなくても何とかなる空間があるからだろう。
チェックインした後は、先述したようにドクターフィッシュでピリピリ(笑)でもいい。明るいうちに貸し切り風呂に出かけたり、昔の大型ホテルの定番だった卓球やダーツ、カラオケもある。敷地が結構広いので散歩なども面白い。漫画が嫌いじゃなければ、メジャーな作品は押さえてあるので、読みまくって“にわかアニメファン”で過ごしてもいい。

いつも見かける企画として「青いカエルを探そう!見つけたらお土産」というのがある。まぁ商品は「四つ葉のクローバーの種」など軽いものなのだが、企画が面白いから、つい毎回探す(笑)
この日は夕食前に「バリの服装で記念撮影」「バリの踊り子さんと記念撮影」などもあった。夜はバリの本場仕込みの踊りを見ながら食べ、最中に写真を撮りに来て、それをチェックアウト時にくれる。

ゴルフのボードゲームでホールインワンを取れたら、宿泊無料券プレゼントするよ〜!てなのもあったが、周りは誰もホールインワンしてなかったなあ(笑)
プレゼントといえば、七夕の短冊にお願い事を書き玄関にある笹に結びつけると、そのうちプレゼントが届くかもよ!?の企画もあった。当選の中身はグループ店の無料宿泊券だったので、それ欲しさに吊るした。・・結果は不発だった(笑)

ここまでは私的に気に入っているところだが、逆に弱いところもあって、貸切風呂まで少し歩いたり、場所移動に階段があったりする。足腰が弱い方は少し不便かもしれない。

とまぁこんな感じだけれど、バリの絵や置物がほんじょそこらに飾ってあるので、鳥好きの自分は楽しい(笑)

店により、アレルギーの対応の仕方は、大きく分けると二通りある。
一つは「アレルギー食材です」と始めに伝えたのち、最後まで何も言うことなくコース料理がどんどん出てくるパターン。もう一つは、一つ一つの品に「ご安心ください」と言いながら運ばれてくるパターン。
どちらが好みかは人により違うだろうが、この「カエル本店」は後者だ。

前菜(グルテンフリー編)

アンダリゾートの前菜

アンダリゾートの生ひじきサラダ

生ひじきサラダ

「生ひじきサラダ」は初だったけど、プチプチしてクセのない味だった。あれはどんなサラダにも合うね!おいしかった。
メインのお肉、おかわりし放題〜っ。大食いさんは本領発揮ぃ~~。
私も頑張って二皿食べたぁーー(それで限界~;)

アンダリゾートのローストポーク

ローストポーク

アンダリゾートのデザート

デザート

先にも書いたように、残念ながらホタルは見れなかったんだけど、次回の楽しみが増えたと考えれば良いのだ!
・・・う、うんうん!(汗)

その後は食べ放題の夜食が出る。姉妹店の夜はグルテンフリーが少なく淋しい思いをしたけど、こちらは更に配慮されている。食べ放題の手作りグリーンカレーも「小麦粉入ってませんから食べられますよ☆」だった。

食べられるつまみをいくつか持ってきて(ピクルスがおいしかった〜)飲み放題のアルコールをチビチビ飲んでいるところ、店の人が傍らにやってきた。
「お夜食に、フルーツセットをご用意させて頂きましょうか?」
もう顔なんて忘れてしまったけれど、和やかな笑みで心がこもった話し方だなぁ、と雰囲気は覚えてるから人間て不思議な生き物だ(笑)
もちろん、
「はい*\(^o^)/*」
かたや、めっちゃ朗らかに対応してただろう自分、お腹は結構いっぱいだったけど、デザートは別腹やー!

まもなくして、このフルーツセットがきた。心遣いにしんみりすると「また来まーす」って、心でガッツポーズしたくなる(笑)

朝ごはん(ビュッフェ)を食べて、お腹いっぱいになりチェックアウト。

おじゃましましたぁ。来年、再びチャレンジしてみようか、どうしようか・・・ホタルよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。