任意、良心?な食品添加物の表示記載

食品に”困った時のネット通販”

私のような食物アレルギー持ちや、潰瘍性大腸炎などの身体的疾患、色んな食事制限をする人は、近場では求める食品が手に入らぬことがある。東京都内在住でもそうだから、地方だと尚更だろう。

しかし今はネット盛況時代。検索すれば、理想がヒット!
オンライン購入は、まさに困った時の神頼み。便利な時代に生まれて良かった!とその恩恵に、感謝の気持ちも湧いてくる。
(送料は高いけど、電車代や交通費の代わりと思えば妥協だ)

欲するものと近いものを見つけられた時は、思わずダンスしたくなる感覚。
探検家がブツを掘り当てたテンションと、同じような高揚なのではなかろうか。(知らんけど)
”食探検家”も、何度も小躍りした経験があるさ。

しかし”食探検家”が喜ぶのは、”ブツ”を見つけた瞬間でなく自宅に”ソレ”が到着し実食したあとである。

例えば、検索で「これはお眼鏡に適っている」ように見える”A社カステラ”のグルテンフリーの洋菓子を見つけたとする。
それだけでは怖くて購入できない。

次に、「A社カステラ」を色んな角度から眺める作業に入る。
「A社カステラ」と検索窓に入れ、載っているページをネットサーフィンしまくる。もちろん違うカステラ、D社カステラもヒットしてしまうし、検索窓には「原材料 A社カステラ」と書くのは当たり前の作業となる。
具体的には、楽天市場やAmazonやヤフーショッピングなど、やはり大手で検索ヒットする場合が多い。
私の経験上、中でも楽天が原材料を詳細まで書いていることが多い印象だ。

原材料を端折って、”アレルギー表示;乳・小麦”のみの表示なのは標準運行。そんな大雑把表記は老舗の和菓子屋に多い印象がある。
間違えていることや古いデータのままだった。ちょっとー!今はグルテンフリーじゃないよ!というパターンもあるので、多方面から調べないと危険だ。

作っている「A社」に直接電話やメールで問い合わせるのが最も確実やん、とのツッコミも聞こえてきそうですが、それだと以下の理由により一日で終わらない可能性があります。
上記で行くと「対応した電話交換手の方→本社→生産部→実際の生産工場(か小売業者)→生産部→A社に返事→電話交換手の方→私」の流れとなる。
当たり前だが組織が大きいほど、その過程も長くなる。
ちなみに返事が永遠に来ないこともある。体験では大きい会社とか、小さい会社とか、規模は関係ない。
「入ってないと思いますよー」と推測(もはや当てずっぽう)で答えられた時もある。
ここまでくると、会社云々よりその人柄だろう、と思う。

このような流れで「”A社カステラ”は間違いない」と自身で納得したら、購入ボタンに辿り着く。

基本的にはみなさん、すごく親切に教えてくれる。

今でも良い思い出として残っているのは、結果的には食べられなかったけど、菓子メーカーさんがなんとか私に対し瓦解策を練ってくれようと、数日間に渡りメールが続いたことがある。ログは今も残してあるので日付をみたら2019年だった。
五感のスタッフの方、本当にあの時はありがとうございました。
結末は食べられなかったが、気持ちの満腹感が淋しさを凌駕した思い出だ。
ちなみにこちらの商品たちは、グルテンフリーの品揃えがある。”五感 まんま”や”お米の純生ルーロ”、”お米のバウムクーヘン”、”穂の一”はグルテンフリー。(2023年5月11日現在)
ネット通販でも取り寄せられるし、大阪に行った際はぜひご賞味を。


添加物に対しどこまで妥協する?

人により添加物は、許容できる範囲は違う。自分も以前はこんな厳格ではなかった。
過去の記事には添加物入りも載せている。安全圏の添加物もあった。(もう過去形)

経験的に、私の腸は増粘剤が悪さをしてきた。だから(実際、潰瘍性大腸炎の増悪に関与すると指摘する先生もいる)、その含有は今では譲歩できない。
それを身体で体験しながら、以前は平気であった増粘剤が犯人とは思いもよらなかったので結び付かなかった。その度に胃もたれ、腹部膨満感、下痢便増加などが起きた。
「小麦食べてないから、アレルギー反応で下痢してるわけでもないのに何でや」と、考えても判るわけもなく、「当日の体調の問題かな」と捉えた。

しかし、結果的に増粘剤と腸のと関係は直線的であった。
上記先生の研究を知った後の、知識として得た時の、自分の身体の素直さに戦慄を覚えたっけ。

今後において己が長く元気に生活するため課した人生訓は、すごーーく簡単。
身体から発す声には素直に従う!

余談だけれど、グルテンフリー麺の原材料にキサンタンガムという添加物が含有するものがある。自分はその原材料入りは駄目で、食すと息が詰まり出す。
御多分に洩れず、これも飽きずに何度も辛い経験をした末「キサンタンガム=身体に合わん」を痛感したのだった。(懲りない女、諦めない心)

ちなみに、キサンタンガムの原料には大豆やとうもろこしなどがあり、後者には遺伝子組み換えが危惧されている。

とうもろこしはIgE検査でクラス4という高値が出てからは摂取していないが、その前も実際の「野菜」とうもろこしを食べても、異変を感じたことはない。
そのことから、ひょっとしたら私は「”遺伝子組み換えアレルギー”かも知れない」と考えることはある。
コーンスターチもその名の通り「とうもろこし」原料だが、ものにより症状が全く出ない。ロシアンルーレットじゃないが、コーンスターチ含有は食べてみないと判らない。

醤油の材料大豆には遺伝子組み換え表示義務はない。今後この分野はどうなるんだろうね。2023年4月からの表示法「分別生産流通管理済み」の安全性はどうなんだろう。
そんなこと言っちゃコロナワクチンも遺伝子組み換えだしね。未来を考えてもキリがないのかもね。

”遺伝子組み替えアレルギー”は今後解明されることがあるんだろうか。


安定剤、乳化剤は食品添加物

話は逸れまくりだけど(いつもそうだけど)。

間違って食べると命尽きちゃうかもしれないし、死を免れたところで病気が憎悪しちゃうし、どう転んだって辛い。
第三者から「もー神経質だなー」と思われてるかもしれんが、こっちには理由があるのだ。
純粋に、息が詰まったり吐きそうになったり、身体が熱くなったり、もー苦しいのは嫌だ。

乳化剤も、潰瘍性大腸炎との関連が懸念されている。チョコレートによく入っているアレだ。(阪神の岡田監督の目指している「アレ」とは訳が違う。関係ないけど、今年の阪神はアレが叶うかも知れない…!)
いわずもがな、乳化剤を含有している食品を食べたならお腹が緩くなったり胃もたれが起きてしまう。まったく、正直な胃だよ。
本当に、身体から発している声には素直に従いましょう。(二度目)

話は逸れまくりだけど、このようにさんざん調べ尽くし、購入している。

心温まった経験の対極で、悲しい部類の方でもエピソードがある。
私、アイスクリームは毎日の習慣にしたいくらい好きな人種。でも、安定剤やコーンスターチなどの添加物が入っていることも多い。
逆に入っていないのは少数派で、案の定というか、やはりちょっとお値段が張る。具体的にはハーゲンダッツのバニラ、ストロベリー、抹茶、ラムレーズンは入っていない。限定品にはゲル化剤が入っていることが多い。あと、スジャータのバニラやモカ、抹茶もコーンスターチや安定剤は入っていない。

値段の差は、添加物の差(添加物でカサを増す)だから仕方ない。あ、高いし材料も酷いアイスクリームもあるな。結構なブランドなので、きっと「有名税含有」だろう。

そんな私が、身近で買えるアイスクリームを飛び越え、通販に手を出した。理由は、素朴な”冒険心”からだった。
その「アイスクリームクエスト」を受け、クリアを今かいまかと待っていた。
ら!!!
ホームページではデカデカと「天然素材」「添加物なし」と書いていたので購入したのが、実際に来たのは乳化剤と安定剤(増粘多糖類)入りなのだった。
この時の、衝撃と驚きと幻滅感といったら。

HPに記載された「原材料」をそのまま書き移してみる。

(アイス名):ジャージー牛乳、ビートグラニュー糖、国産蜂蜜、生クリーム
(アイス名):ジャージー牛乳、かぼちゃの種、ビートグラニュー糖、国産蜂蜜

どっこにも添加物名は書いてない。
さらに確認のため読み進めてみたら、序盤に、もっと気持ちを逆撫でするかのような文言があった。

着色料などの添加物を一切使用していない。

そうかそうか。何かしらんが、私にゃ意味も分からんが、添加物は小さいことなので略したと。

このときゃー久しぶりに、本当〜にキレた。

金返せぇーーーーー!
私に謝れぇーーーーー!

着色料だけが添加物とお思いか(苛)
さらに言うなら、着色料の方がずっと良かった。
もう一度言いたい。

増粘剤と乳化剤は、添加物だ。

それに、細かいけど「など」を漢字で書くと「等」で複数を指す。このアイスクリームは「など」を消し「添加物の着色料を使用していない」と書いてくれ。

無知orそれとも故意?着色料以外軽視?本気でわからんかった。
怒りが収まったというか、別にどうでも良くなった頃、ここのアイスクリーム屋の立場から考えようとしたことがあったが・・やっぱり解らなかった。

何でも食べられる(心理的にも胃腸的にも影響が少ない)人にも見てもらったが、「これはひどい!」の評価だった。こちらに忖度している顔ではなかった。まぁこの人元食事のプロだから、お客に出す側の立場で本気で頭にきたんだろう。

購入したアイスクリーム詰め合わせセット8個は全て全滅だったので、食べても害がない人にあげた。
(食べたかった。嗚呼…・゚・゚・しくしく)

業者を信じないわけではない。でもヒューマンエラーは誰でも、いつでも起こる前提で、こちらも命がけなので確認は必須にしている。
今回はそれもクリアーしていた。調べた全部のサイトが「無添加」記載だった。
納得がいくまで調べたはずの自分に裏切られたのと、「無添加!子供にも安心!」と文面を書いた生産者に裏切られた気持ち、双方だった。

体調管理のために、ちょっと値は張るが我が家では固定種無農薬野菜や自然栽培米を定期的に購入している。農家さんは試行錯誤しながら誇りを持ち売っているのが、文面からも伝わってくる。
だから、真摯に取り組んでいる人達もおるのに軽い気持ちで「無添加」と書いた業者に対する「軽々しく無添加言うな!」の気持ちがあったかもしれない。

本当の無添加はまだまだ少数で、その方々が先駆者だということは理解できた。「売ってくれてありがとうございます」と日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちをさらに持ったエピソードになった。

広告


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする