小麦アレルギーでイタリア旅【その2】

海外旅行は4,5年ぶりでした。最後が確か、韓国だったでしょうか。
パスポートも切れていたので、再び10年で手続きを行ったんですが、今は冊子の中に分厚い厚紙(文章が重複…)が入ってるんですねー。
これはなんですか? セキュリティ強化をする「何か」なんでしょうか。
そうですね、きっと(自己解決)

成田空港

成田空港

5月25日の11時頃の成田空港です。
ご覧の通り、閑散です。増築もすでに終わって、キレイな空港でした。
私にとり成田空港は、色んな香水の混じり合う、ちょっと気分が悪くなるイメージだったのですが、そのような面影はありませんでした。
(たまたま?)
アリタリア航空で手続きする際、「グルテンフリー」の食事になっているか確認しました。受付の方は調べてくれた後「大丈夫ですよ」と快く答えてくれました。
搭乗券にも、よーーく見ると記載がしてありました。

グルテンフリー記載の搭乗券

グルテンフリーと記載の搭乗券(赤丸は筆者)

赤丸内には「グルテンフリー食(Gluten free meal)」とあります。
これは帰りの券ですが、往復に記載がありました。

それでは、期待の、噂の(?)機内食です。
普通、日本からヨーロッパに向かう飛行機(直行便。所要時間12時間前後)では機内食は2度出ます。アリタリア航空は、検索によると「朝ご飯がまずい」らしいのですが、それはグルテンフリー食には当てはまりませんでした。
往きの朝ご飯の写真は何故か撮り忘れて無いのですが、普通に美味しかったです。ちなみに相方の朝ご飯を見ると、まずいというよりも種類が少ない印象でした。パンが2個で、デザートなし。おかずがちょこんと寂しく一個、という様子でした。

グルテンフリー機内食

グルテンフリー機内食(夜)

これはグルテンフリーの夕飯の写真です。この中で何が美味しかったって、食パン!(笑)です。
右の銀紙に包まれ、あけると食パンが出てきます。ひんやりしていましたので、冷凍品なのでしょう。この袋にもアレルギー表示がされています。
正直、うちで作るパンより美味でした(笑) 手の中にすっぽり収まる小さい一枚。
物足りないっ、お肉はいらないからパンをもういっちょーっ!と思いながら、すごーーく味わいながら、最後まで残しておいて食べました。

ご覧のように、ジャガイモがやけに沢山入ってました。
左の、オレンジ2切れの下にある白いお肉は鶏肉です。その上のチーズを付けて食べました。
あ、そうそう。味付けは薄いです。元々薄味好みの自分がそう思いました。
帰りの機内では、自分で調味料(胡椒=大好き)を調達して食べました。
味付けさえすれば、美味しい機内食です。

ちなみに、ノーマルご飯は「普通に味付けされていた」そうです。
アレルギー食の方は添加物なども控えてるんでしょうか。そう考えれば健康的なご飯で、お得だった気もします(笑)

下の二枚は、飛行機から見下ろす雲と、着陸する前のイタリアの写真です。
右の写真では雲が地面で影を落としており、じっと見ていると『母を訪ねて3千里』の歌が、頭の中に浮かんできました。(って古いですね;)

飛行機からの雲  飛行機からのイタリア

※クリックで大きくなります。

しかし、飛行機だけでこんなに記事を割いて、これから先のイタリア旅行記・・書き上げることが出来るんでしょうか。
はなはだ不安です( ̄ε ̄;)~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。