保険適応!

故郷の天災に衝撃を受けていました私に、ちょっと明るい話が舞い降りてきました。
あの、あのエピペンが保険適応されるそうです。

本日の、薬事日報より(http://www.yakuji.co.jp/entry24235.html) ※2014年12月現在すでにリンク切れ

自己注射薬「エピペン」】保険適用に‐アナフィラキシーに対応

中央社会保険医療協議会は7日、マイラン製薬のアドレナリン自己注射薬「エピペン」の保険適用を決めた。効能・効果はアナフィラキシー反応に対する補助治療で、薬価は0・15mg規格が8112円、0・3mg規格が1万0950円。

2003年に蜂毒の適応で薬事承認されたが、林業関係者が携帯するなど使用が限られ、保険診療になじまないため全額自己負担となっていたが、その後、食物アレルギーの適応を取得し、者や学会から保険適用の要望が出ていた。薬価は原価計算方式で算定した。
22日に報告品目として収載する予定。

をを!やっとだ。やっと3割負担だ!

ところで。
「0・3mg規格が1万0950円」とあるが、この前購入したエピペンは15000円だった。
円高なのに何で? 去年より高いじゃん!(12000円)と不審だったけど、これで何もかもスッキリするわ。

広告


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたひと

くり坊のアバター くり坊 看護師

30代になってから急に小麦アレルギー、次いで潰瘍性大腸炎に罹患。
食事に制限が出まくり試行錯誤しながら『食』を探索していくうちにその先に見えたのは、自然・素朴・天然が一番旨い!の結論だった。
まさに『捨てる神あれば、拾う神あり』!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • いやー、まずは自己注射、出来ちゃうところが凄いです。
    でも10割と3割の違いは大きいですよね。
    アトピー治療の過程でプラセンタ点滴を
    するのですが保険適用外。
    でも肝臓病に効果があるので、思い肝炎の男性、とかだと保険適用されるんですって。
    うーん、そのために肝臓悪くするわけにも行かないし。。。です。

  • こんにちは、はじめまして
    お礼が言いたくて書き込みました。
    こちらのサイトを参考にしてローマのrenovatioヘ食事に行きました。
    小麦アレルギー娘が大喜びでピザを食べました。
    嬉しそううな顔が忘れられません。
    スーパーでもグルテンフリー食材をたくさん買ってきました。
    よい旅ができました。ありがとうございました。

  • * ゆきさん *
    お返事遅れまして申し訳ありません!
    自己注射、実は1度しか経験ないです。学生時代に(笑)
    筋肉注射を太ももに。
    アトピー治療にプラセンタ点滴というのは初めて知りました。
    保険適応外だけど必要な治療だからお金をかけざるを得ないという・・。
    実際には多くの適応者が存在しているにも関わらず、
    保険適応外な疾患は多々あるのを実感します。
    皆が平等に、負担無く治療を受けられる「いつ病気になっても安心」
    な世の中になれば良いですね。
    P.S 勤務表、まだ出ていません。

  • * コスモスさん *
    お返事が遅くなってしまい、まことに申し訳ありませんでした。
    嬉しいコメントを、ありがとうございます。お役に立てて、こちらこそ嬉しいです!
    素敵な娘さんの笑顔が目に浮かぶようです。駄目です、私まで感情移入しちゃいそうです。
    泣きそうです(笑)
    renovatioは洋菓子やビールまでがグルテンフリーなのに驚き、感動しました。
    日本にもあのような飲食店が増えると良いな、と思います。
    写真にも載せましたが、買ってきたお菓子でいえばクッキーの味が忘れられません。
    田舎の名産である懐かしい「鮎クッキー」の味がしました(笑)
    娘さんにとっての「美味しい味」がイタリアで見つけられ、本当に良かったです。

コメントする