はじめに

原材料は常に変わります。その都度確認しないと危険です。

注意!グルテンフリーの商品は、材料がコロコロと変わります。

前回購入した時は大丈夫だったんだけど、今回買ったら小麦が含有していた!という話はよくあります。また記事を書いた地点でグルテンフリーであったのに、その後小麦含有になった例もありますので、購入前にご自身で必ず確認してください。

一切当方では責任は負いません。

明らかに小麦製品ではないか、コレ!?なものが出た時は、相手を信用せず自分を一番に信用してください。「米粉で作ったパンなのだろう」と自分都合で解釈せず、絶対に店に確認をしてください。私の体験上、確認した半分近くが「間違いました、すみません」でした。
また一回目は「感激!グルテンフリーが完璧なお店!」だったが、二回目では間違って小麦製品が出た例もありました。

不安や疑問はその場で口にしないと、最悪で「死人に口なし」になります。
楽しいグルテンフリー生活を~(*^▽^*)

看護師の不養生?いや小麦に対する閾値が低かっただけ・・(多分)

1970年代初頭、オイルショックの頃の、第二次ベビーブーム世代。
ラーメン屋さん巡りが趣味で、ラーメンブログを立ち上げよう!と考えていた矢先に、30歳代後半に小麦アレルギーと診断される。
以降、外出時にお金やケータイを持ち損ねたことはあるが、エピペンとアレロックはカバンに入れ忘れた日はない。

そのごは潰瘍性大腸炎なども罹患。健康維持・増進のため主食は発芽玄米。少なくとも3日以上たっぷりと浸け、美味しいお味。(発酵が進むので匂いはキツイ)
お肉は数センチ角なら食べられる。それ以上は胃がもたれる。(一般比)腹6分目でもうお腹いっぱい。
材料費は高いけど、少食なのでバランスが取れている。世の中はうまいこと回っている。

自宅では極力手作りで、添加物なしのものをと心がけている。というか、添加物はお腹を壊すから致し方ない。おかげで、添加物にアミノ酸が入るとすぐ分かる。また市販のものを食べると、すっごく喉が渇く(一般比)。

大人のアレルギーでも潰瘍性大腸炎でもそうだけど、”西洋医学で治らない病気は、その他の療法で治すことを考慮するしかない”と言った、どっかの先生の言葉に納得したから、良い意味で色々と検索実施中。

東京在住の関西人。人生の約1/2は関西で、1/2は関東で住んでいる(もう関東生活の方が多くなってきたね、感慨深いね)言葉訛りというか、アタマがハーフ状態になっているので心境は微妙。
関東に魂を売った関西人と言われ久しい。゚(゚´Д`゚)゚。

もう何十年と看護師なのに、自他共にオーラが全くないと認める職業人。看護師になったばかりの頃「看護婦は早食いになるよ」と教えられたが、どんな場所に配属されようが変わらずスローフード。麺は伸び放題だし、熱いと美味しいものは冷却してしまう。

老眼が勢いよく進行中。メガネかけずに意地張ってたが先日から愛用し始めた。
やせ我慢なんでしててんやろ。

好きなもの:
【食】
魚。
日本酒(純米吟醸、生酒好き)。
納豆(魂は売ってないけど納豆は喜んで買う)ちなみに関西の納豆は私にとり癖がなさ過ぎて物足りないものが多く帰省時は殆ど食べない。

【お遊び関係】
ゲームはドラゴンクエストシリーズ、ゼノブレイドシリーズ、逆転裁判・検事が好き。ボーリングは手書きだった頃からやってるけど、最近ボーリングしてくれる人がいない。(手書きのルールを忘れたかもしれない)

【音楽】
80年代洋楽全般、特にファルコ(今は亡きアーティスト)、ビートルズ(日本人ではラブ・サイケデリコ)、クラシックではドヴォルザーク「新世界より」。

【土地】
ポンペイ(イタリア)。いつかの前世、ポンペイで暮らしていたのかな?と思うくらい好き。ヒプノセラピー(前世療法)したら、剣闘士だった自分が見えた。でもヨロイなど殆ど着ず全裸に近い格好の、古代の戦士だった(笑)
神社や山、海も好き。

【パソコン】
MacBook Pro

【その他】
お祭り(特に花火)。鳥全般。「じゃりン子チエ」は漫画を全巻持っている。80年代のプロレス(ハンセンファンだった)。ちなみに今のプロレス女子より嗜好が大昔(笑)今のことは解りません。この当時のことなら普通にプロレス好き男性と話せます(o・∀・o)