お返事とつぶやきと私

何度かテレビで、以下のようなシーンを見たことがありましたが、まさかそれが自分にも当て嵌まることになろうとは、過去には思いもしませんでした。

—-
接吻後に突然彼女が亡くなった。しばらく原因不明であったけれど、精査した結果、彼女には「ピーナツアレルギー」がありピーナツを食した彼氏の唇に触れたことが原因だった。

今の私が、直にそれじゃん!!!(うひゃあああ~)

今の「小麦ダメなの」案配はこんなレベルです。
・スーパーなどの総菜コーナーでうろちょろして、15分以上経つと血圧が低下してくるのを自覚する。(15分ウルトラマン状態)
100円寿司屋。小麦含有でない握りを食べたのに、症状が出たこと2回。おそらく天ぷら握りなどを作った同じ手で作った(グルテンフリーの)シャリを、私が食べたことが原因と思われる。
・「本品は、小麦を使用した設備で製造されています」の某メーカーチョコで症状がでてしまった。(メーカーによる。食べてみないと解らん)
・いずれも、症状の出方や時間はその時により異なる。早く出た方が早く防御(薬)を取れるけど、遅く出たからといっても症状が軽いわけでは決してない。

小麦がダメになってからも「寿司なら大丈夫!」と過ごしていただけに、回転寿司にも遮られたことは、ショックというよりも衝撃でした。お肉よりお魚派、「焼肉」より「回転寿司」だったので、しばらくは静かに気分を塞いでいました。(塞ぎ込んでいるのが周りに解るとイヤだから地味~に、表情を出さずに落ち込むわけです。笑)
でも、塞いだところで治りが早くなるわけではないので、「そうか!喰えないのね。よし!」という、思い切りはすんなり行きました。近い知人に私のアレルギーを理解する寿司屋(安い寿司屋でない、正統派の)がいたのも幸いでした。

幸いと言えば私は医療従事者なので、職場友人との付き合いは恵まれていると思います。いつか書いたように、「アレルギーは心の問題だ!!」などという、そんな無知な人は存在しません。アナフィラキシーの意味が理解できるし、職業柄か病気には慎重(神経質)な人が多いので、「危ないからね。無理しちゃダメだよ」と言われることの方が多いです。それは「医者だから」「看護師だから」「薬剤師だから」「栄養士だから」(…例えが長っ)と言うよりは、各自の性格で認識の度合いが違う印象です。

だからといって精神的な負担がないのか、と言うと・・・。率直に言いますと、食事の約束をした当日にブルーになることがあります。
自分自身でもブルー原因が始めは自覚できなくて「何か気分が塞ぎ込んでるなー」から始まり、「何でや?」と消去法で考察していくと「食べに行く約束がある」しか残らなくなるんです(笑)
自分なりに書きながら分析してみました。場所が決まっている場合は良いのですが、”行き当たりばったりコース”が辛い原因のようです。
なので、りーすけさんが仰るような、『気遣いをもらう機会が多く、ありがたいのと申し訳ないのとで精神的な負担がきつくなってきてしまいました。』の心境はとても理解できました。
相手に気遣う自分自身と、相手に気を使わせている引け目、その両者のジレンマが、私の場合のブルーの原因なのかな、と思うに至りました。
(反面、こちらが思うほど友は気を使っていないかもしれません。取り越し苦労もあると思います。←指摘されたことがあります)

このようなことから(ところで何で「論文調」やねん;)可能な限りは以下のように心がけています。
・「場所は選んでいいよ」と言ってくれる友に甘んじて、食べに行く先を私が決めます。(欠点:面倒くさい。笑)
・イタリア料理などでも、先入観を忘れて店主に、「小麦アレルギーなのですが、小麦抜きの食事は可能ですか?」と聞いてみます。意外と快い返事がもらえるケースも多いです。宿泊先のホテルでも創作して頂きました。
(利点:オーナーとの親密度が増します。笑)
・アレルギーを持つ人は否応なく料理が上手になること請け合いなので、家に招待し「米粉料理の数々をご馳走するよ♪」と誘う。認識され始めたとはいえまだまだ俗世間では米粉料理は未知数なので友も興味を持っている場合が多いです。

ところで、この前歩いているときに、「外食できる範囲は狭くなったけど、人間関係は広く(深く?)なったな」と、しみじみと思いました。失うものもあったが得るものもあったと、病になられた方もそう言いますが、アレルギーに関しても同じだと思います。

人間関係に関しては持ちつ持たれつなんで、食事の面では私が甘えさせて頂こうと、それで良いと思っています。きっと他の面では助けているはず!です。(・・だ。・・に違いない)

こんなカッコイイこと言っといて、ものすごい勢いでブルーになる日もありますが、そん時は抵抗せずにどっぷり”不幸の波”に浸かっております。
たぶん、変にそれに抵抗するよりは甘受してしまった方が、回復が早いです。「落ち込み壺」に入り込んだら「熟成」させ、出てきたときは前よりも美味しいお酒になってやるぞー!と(笑)

PS りーすけさん
お返事になっていない意味不明の箇所があるような気がします。(というか、あります)「落ち込み壺」に入ったら、いつでも気分転換に書き込んでってくださいv

6 件のコメント

  • くり坊さん
    寿司はきついですね。
    アメリカではカニカマ、てんぷらが多用されているのでクロスコンタミネーションが怖いです。
    色々なお付き合いがあるのでよく食事に誘われますが、事前にかなり相談をします。
    最終的には家に招待するかこちらからレストランを指定しています。
    妻(多分A型)はかなり神経質で気を使うので何時も相手に申し訳ないと言っていますが、ほとんどの人があまり気にしてません。
    ただ、妻が帰りがけに皆と同じ物が食べたいと言う時は何とも言えない気持ちになります。
    クロネコ

  • * クロネコさん *
    そうですね・・カニカマも含まれているんですよね。
    ところで、カマボコにもグルテンが含まれている可能性が高いというのは
    私はネットで知りました。「うわっ、ここまでか!」と(笑)
    >最終的には家に招待するかこちらからレストランを指定しています。
    やはりそうなりますよね。作るのは面倒臭いけど、トータルで考えると色んな意味で楽ですので。
    >ただ、妻が帰りがけに皆と同じ物が食べたいと言う時は何とも言えない気持ちになります。
    上記のクロネコさんの言葉を通じ、食事制限がある側でない(逆の)立場にいる方の
    気持ちを垣間見た気がします。奥様同様、やはり時々つい言っちゃうんですよ。
    別に嘆きたいとか、悲しいなどの気持ちはないんですけど、何となく^^;
    ですが心情を知り、しんどいのは自分だけではないんだから困らせちゃ行けないなー、と
    思えました。私には有り難い言葉でした♪

  • 丁寧なお返事をありがとうございました。
    私はどうやら落ち込み壺に落ちていたみたいですね。
    くり坊さんのおかげで壺の出口が見えてきたみたいです。本当にありがとう。
    「そーそー、分かる分かる」って共感できた・してもらえただけで、
    モヤモヤがスッと流れていきました。
    大好きだったレストラン開拓(という名の飲み会)もここ何年かは和風居酒屋ばかり。
    みんなに申し訳ないなとは思っていましたが、
    それぞれ別の機会にいくらでも好きな場所に行けるわけで
    当初はそこまで気にしてはいなかったんです。
    そう考えるともしかしたら、友達に対する申し訳なさの蓄積→落ち込みというよりも
    自分自身の状況に辟易して、ちょっと疲れてきたところなのかもしれません。
    (最近では夢の中ですら大好物だったパンを我慢。もったいないことしました)
    あとは冷静になって考えてみると、人間関係やら自分自身の問題やらまで
    アレルギーに絡めて考えていたところもあるかも?と反省中です。
    これを機会にじっくり考えて、美味しく熟成してやろうと思います!
    ところで、くり坊さんはかなり微量でも反応してしまうのですね。
    生活の転換は、私よりはるかに大変だったろうとお察しいたします。
    私もお寿司は好きですし、セーフティゾーンという認識でいました。
    大丈夫だと思っていた物が食べられなくなるというのは
    全くもって他人事ではなく、辛い気持ちになりました。
    でも結局、ダメな物はダメ、って割り切るしかないんですよね。
    そういう切り替えの早さって、なにより自分自身のために必要なのかもしれません。
    ・・・あー、本当はもっといろいろ書きたいことがあるんですが、ありすぎてまとまりません。
    例えるなら、久々に言葉の通じる人に出会ってアワアワしちゃってるような。(変な例えですみません)
    昨日からテキストに書いたり消したりを繰り返していて、
    このままだといつまで経っても書き込みできそうにないのであきらめて一旦書き込ませていただきます。
    大人の小麦アレルギー持ちの方を、日常生活はもとよりネット上でもあまりお見かけする機会がなく
    くり坊さんのブログの存在は本当に大きいです。
    またぜひ遊びに寄らせてもらいますね。
    追伸:
    前から気になっていたs.komatsuのレポートもとても面白かったです。
    食べログなどではグルテンフリー食目的のクチコミもないので貴重ですし。
    良かったら帰りに米粉ロールケーキを食べたお店の名前を教えていただけませんか?
    都内勤務なので機会があればぜひ行きたいと思います♪
    他にも「ここは大丈夫だった」というような情報があれば記事にしていただけると嬉しいです。
    (私も見つけたらご連絡します)
    先入観にとらわれず、イタリアンやフレンチなどもまた開拓してみようかな^^

  • * りーすけさん *
    >帰りに米粉ロールケーキを食べたお店
    私も名前を忘れていたので早速探してみました。ありました~!
    ”ウエスト青山ガーデン”です。場所は青山霊園の近くです。
    六本木らしい落ち着ける空間です、お勧めです。
    私も、りーすけさんが聞いて下さったお陰で名前と場所を思い出せたので
    来週もう一回食べに行こうと出掛ける予定を立てました(笑)
    >(私も見つけたらご連絡します)
    自分も行動範囲が広がりますので是非お願いします。♪
    >昨日からテキストに書いたり消したりを繰り返していて、
    >このままだといつまで経っても書き込みできそうにないのであきらめて
    え!それでは続編を期待して良いのですか!嬉しいですね~。
    ちなみに本文関係なく、ぶった切るコメントでも良いです(笑)
    >久々に言葉の通じる人に出会ってアワアワしちゃってるような
    関西弁とアレルギー関連弁(?)は流ちょうに話せますのでお任せ下さい。(笑)
    >夢の中ですら大好物だったパンを我慢。もったいないことしました
    私は2日前の夢でパイ食べて焦ってました。夢の中でも制限をかけられる私達って
    なんて自制心が強いんでしょうか。我ながら素晴らしいです(←解釈が変)
    >大人の小麦アレルギー持ちの方を、日常生活はもとよりネット上でもあまり
    >お見かけする機会がなく—–
    そう言って頂けると、とても励みになります。本当に嬉しいです。ありがとうございます。

  • くり坊さん
    お店の名前、わざわざ探していただきありがとうございます♪
    ウエスト青山ガーデンですね、バッチリ記憶しました!
    だいぶ昔に銀座店には行ったことがありますが、落ち着いていて
    雰囲気のあるお店ですよね。
    ロールケーキは米粉でたまに手作りしています。
    初めて作った時「小麦よりしっとりして美味しい!」と感動して
    小麦アレでも生きていけそうだ・・・と思った記憶があります。(大げさ 笑)
    でもやっぱり外で食べられるのは格別ですよね。
    ウエストの米粉ロールは定番メニューなんでしょうか?
    (サイトのメニューには載っていなかったので)
    もしなかった時は、代わりにクレームブリュレも美味しそうです^^
    ところで、くり坊さんは蕎麦は大丈夫ですか?
    すぐに思いついてご紹介できるところに蕎麦粉ガレットのお店があります。
    ブレッツカフェ クレープリー
    http://www.le-bretagne.com/index.html
    私が行ったのは銀座店で、店員さんに聞いたところ蕎麦粉ガレットは蕎麦100%で
    小麦不使用とのことでした。
    小麦アレルギーがあると事前に言えば、生地をすくう器具なども分けてくれるそうです。
    ただそこは小麦クレープも扱っているため、焼く器具(鉄板なのかフライパンなのか分かりませんが)まで
    別にはならない可能性が高いです。
    くり坊さんには厳しいでしょうか?
    以前行った時、幸いアレルギー反応を起こすこともなく無事に帰宅しましたが
    コンタミも怖いし、蕎麦はアレルゲンの中でも強力なイメージがあるため、
    正直ちょっとドキドキしました。
    でもナイフとフォークを使った洋風な食事を久々に外でいただけたのはすごく嬉しかったなぁ。
    食事系ガレットとデザート系ガレットがあり、お腹いっぱいになりますよ。
    条件と体調が許して機会があったらぜひ一度行ってみて下さい。
    話は変わりますが、以前の記事で小麦の食べすぎでアレルギーになったのは納得いくけど
    エビは納得いかない、と書かれてましたよね。
    ・・・・・・私もです!!!!
    アレルギーはよくバケツの容量に例えられますが、小麦は確かにたくさん食べてきたので渋々納得してます。
    でも私、物心ついた頃から火を通すと赤くなる海鮮(エビ、蟹、タコ等)が苦手で
    ほとんど食べてないんです。
    どんだけバケツ小さいんだよ?と(怒)
    蟹に至っては皮膚テストで一番反応するはずのヒスタミン溶液?より反応して
    担当医を悩ませてしまいました。
    (とりあえずとにかく蟹は絶対食べないように、とまとめられました。はは・・・)
    逆に常に多頭飼いしてきた犬や猫に反応が出ていないのは救いですが。
    一日も早くアレルギーが医学的にもっと解明されることを願ってやみません。
    エピペンの期限が切れて新たに処方してもらう予定の今は(お財布的に)特に(笑)

  • * りーすけさん *
    >ロールケーキは米粉でたまに手作りしています。
    「たまに手作り」ということは、何回か手作りされていて、なおかつ
    「小麦よりしっとりして美味しい!」ということは、上手くできる方が言える(極上の)セリフ…。
    (といますか、私の解釈が理屈っぽすぎますね^^;)
    良いですね~、羨ましいです。自分も精進しなければ。
    >小麦アレでも生きていけそうだ・・・と思った記憶があります。
    大丈夫です。大概な手作り生活になるので、添加物には見放され(?)、
    本来の寿命より長生きすること請け合いです。ただし違う意味で困るかもしれません(笑)
    しかし・・思うんですが、老人ホームに入ることが出来たとして、その施設では
    グルテンフリー食を間違いなく出してくれるのだろうか?間違えて小麦粉食べて、
    そのまま…(略)とならないかな、と気が早いことを考えることもあります。
    いやはや、何事もそうでしょうが悩み出すとキリがないですね(笑)
    早速のお店の紹介、ありがとうございます!
    >小麦アレルギーがあると事前に言えば、生地をすくう器具なども分けてくれるそうです。
    >食事系ガレットとデザート系ガレットがあり、お腹いっぱいになりますよ。
    良心的なお店ですね!明日(今日?)銀座近辺に用事で行くので
    さっそく携帯に住所を入れておきました。行ければいいなぁ~。
    >どんだけバケツ小さいんだよ?と
    本当ですよね。世間のバケツの理屈で言うなら、大食いで名を馳せてる人達は
    とっくに色々なアレルギーだよ。何で小食の自分に来たの?と思ったことあります(笑)
    >エピペンの期限が切れて新たに処方してもらう予定の今は(お財布的に)特に(笑)
    私も同じで今月で切れます。でもぎりぎりまで持たせます(笑) ところで、エピペンは
    いくらで購入されていますか?ちなみに私は1万2~3000円だったと記憶しています。
    >蟹は絶対食べないように
    魚介類は「エキス」で結構入っていますよね。「食べるな」と言う側は楽なんですけど、
    実際に避ける側の人間には…。
    小麦もそうですが「加水—」と名を変えて入っていることもあり、常に材料表とにらめっこ。
    アレルギーを持つ本人やその家族は、おそらく「アレルギー講習会」が出来る程に
    知識があるのではないかと(笑)
    >ウエストの米粉ロールは定番メニューなんでしょうか?
    どうなんでしょう。今月中には行く予定ですので、出向いた際にはレポートします。
    余談ですが店の名前を探していたとき知ったのですが、このお店の飲みもの、
    色んな種類が「お変わり自由」なのに驚きました。さすが都会(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。